GWの親孝行旅行で色々気がついたこと

よく、自分の恵まれている環境に感謝しなさいとか言われていますが、感謝って普段は感じづらいところがあると思うんですよねぇ。でも、最近ツイッターとかで情報発信するようになり、いろんな人とのつながりが少しずつできてきて、気軽に発信とかしていいのかもな?って思えるようになってから自分にもいろんな可能性があるなぁって思えるようになりました。

そして親孝行のための旅行に出かけるGWなのですが、そういえばちゃんといろんなものを育んでもらっているなぁって思ってその点でも感謝だなぁって思いました。時代は変わっていくかもしれないのですけど、なんとなく、なんとかなる!って思えるのはしっかりとした経済感覚を植え付けてもらっていたりとかってことが大きいなって思います。

とりあえず、GWというお休みなのだから、のんきにぼんやりと過ごしたいなぁって思っていて、仕事もあるけど無理せずこなしていければいいかなって思っているところです。今年は自分のやりたいことをどんどん実際にやっていこうと思っていて、そのために目標をぬりつぶしたりもしているところ。辛いと思うこともなきにしもあらずですが、休みを満喫できるように仕事のことは一旦忘れようと思っているところです。

ナスタチュームが発芽しました

今年はナスタチュームを育てることにしました。

花がキレイだし、エディブルフラワーとしても利用できます。

近所の店で種を買ってきて、3号のポリポットに種蒔きしました。

そのナスタチュームが発芽しました。

まだ丸い葉っぱの形は見えませんが、無事に芽が出てくれて安心しました。

種蒔きした日を、手帳に記録していました。

それを見ると、発芽するのに2週間と1日かかったことがわかります。

ナスタチュームは何度か育てたことがありますが、時々うまくいかないことがありました。

その理由が、ちょっとわかった気がします。

植物の種の中には発芽しやすいモノと、発芽しにくいモノがあるそうです。

なぜ発芽しにくいかと言えば、種なりに切実な事情があるようです。

簡単に説明すると、植物は発芽した後で日照りになると枯れてしまいます。

だから用心深い種類の種は、警戒してなかなか芽を出さないのだそうです。

そんな話を聞いたので、今回は前よりも水やりを小まめにして根気よく発芽を待ちました。

それできっと種が安心して、芽を出してくれたのでしょう。

ナスタチュームの花色は、数種のバリエーションがあります。

けれども種は数色のミックスで売られています。

各苗の花色は、咲くまでわかりません。

今年はどんな花色に咲くのか気になります。

はやく大きく育って、花を咲かせて欲しいです。

曜日ごとに家事を割り振る

最近始めたことのひとつに、家事を曜日で固定化する、ということがあります。たとえば月曜日は掃除、火曜日は大物洗濯…などです。これまではすべて思いつきで、気の向くままに家事をこなしていました。それでもなんとかやれてはいたのです。ただ、これだとやりたいことばかりやってしまう。やりたくないことは半永久的に後回し。これではいけないな、と思ったのがきっかけです。

具体的には月曜日は掃除の日です。週末、家族が家に長時間いてすっかり家の中が荒れ果てます。月曜の朝、家族が出かけた後はいつもため息が出てしまいます。これは掃除をしろ!ということなのではないかと思ったわけです。掃除機をかけたり、窓や鏡を拭いたり、玄関やトイレの掃除をしたり。週の初めにがんばってあちこち掃除をすれば一週間ある程度のきれいさが期待できるというものです。

火曜日は大物洗濯の日。シーツや毛布など、毎週火曜日に家族分を順番に洗っていきます。干す場所の都合もあり、全員分を一度に洗うわけにはいかないので週一くらいがちょうどいいです。

水曜日は翌日のゴミ収集に合わせた「名もなき家事」。新聞をしばったり、牛乳パックをまとめたり。ついでに缶ビンやペットボトルなどの資源ごみはこの日にまとめることにしました。

木曜日は買い物の日。毎日の食料以外の、時々買う必要のあるものをまとめてこの日に買いに行きます。調味料とかトイレットペーパーとか。

そして金曜日は調整の日。

こんな感じで各曜日に仕事を割り振りました。今のところ出来たり出来なかったりですが、少しずつ慣れていけたらいいなと思っています。

飼い犬のムダ吠えが解消されました。

私は犬を飼っています。

私の育て方が悪かったようで気に入らないことがあると吠えるようになってしまいました。

毎日散歩にも行っていますが、私が仕事をしている間は家で一人で過ごしているのでストレスが溜まっているようです。

帰宅すると尻尾は振っているのですが、ご飯の用意をしているときや散歩の用意をしている間は待てないようで吠え続けています。

そこで大きめのガムを購入し、私が仕事に出かけている間にその大きめのガムを飼い犬に与えました。

固いし大きめのガムということもあり、食べ終わるのに時間が掛かるようです。

遊びながら食べているようで大人しくしていますし、私が帰宅してからも夢中になって食べています。

おかげでムダ吠えも減ってきました。

ですが太ってしまうことが気になったので、ご飯の量を少し減らすことにしました。

それでもガムを食べているからか、ご飯もそれほど欲しがらなくなり、私としては悩みが解消されました。

飼い犬も嬉しそうにガムを食べるので、お互い文句なしの状態です。

私が休日のときは遊んであげられるのでガムは与えていません。

その代わりクッキー等を与えてしまっているので結果的には同じだと思いますが、休日は一緒に遊んでいるのでムダ吠えをすることはありません。

高校時代、みんなで行った一万人プール

当時原付バイクをなけなしのアルバイト代で買った私はそれに乗ってよく友達と出かけていて、夏休みのある天気がいい日にみんなで一万人プールへ行きました。

一万人プールは私の地元である栃木県の東の方に位置する大きなプール施設で、ウォータースライダーや波のプールなどたくさんの種類のプールがあり、専有面積もかなり広く、シーズンには多くの人が訪れにぎわっています。

真夏のすがすがしい午前中に田園広がる田舎道を原付バイクで走り抜け、みんなで走ると連帯感がありとても楽しく、あっという間に一万人プールへたどり着きました。

水着に着替えシャワーを浴びるとたくさんのプールを満喫し、波のプールとウォータースライダーは楽しくて病みつきになってしまいました。

お昼になると売店で焼きそばやフランクフルトなどを注文し、みんなで食べて午後もひたすらプールを満喫し、あっという間に夕方になってしましました。

そろそろ帰ろうとプールをあとにし、再びみんなで田舎道を走り抜けてそれぞれの帰路につきました。

あの頃、常にたくさんの仲間がいて毎日楽しい事があり、悩むこともあったけどそれなりに充実した日々を送っていたなと振り返ります。

それで良かったのかどうかは分かりませんが、私のとても大切な思い出です。

念願の沖縄。今から楽しみで待ちきれません。

旦那と沖縄に旅行に行く予定を立てています。わたしも旦那も海が大好きで、毎年今年こそは海に行こうと言い続けてきました。今年に入り私が仕事を辞めたこともあり、今年はやっと念願の沖縄に行けそうです。わたしたちの主な目的は海です。シュノーケリングが本当に楽しみです。旦那はダイビングの資格を取りたいと言っていましたが、わたしはダイビングはなぜか怖くて賛成できませんでした。サメがいたらどうしよう…と思ってしまうのです。今回はシュノーケリングを思う存分楽しむことになりそうです。沖縄の中でも海がきれいと言われている西表島に行くことにしました。一度、西表島に入ったことがあり、見たこともないサンゴの海に感動して、ウミガメと一緒に泳ぐこともできました。思い出すだけでもワクワクします。今回もそんな旅ができるといいな、と思います。

水着を着るんだから、痩せなきゃ…。前に着た水着はもしかしたらもう着れないかもしれない…。せっかくなので写真もたくさん撮りたいですが、このままでは写真に写ることができません。旅行に行くまであと、数か月。ダイエットをがんばりたいと思います。 

旅行は行ってからももちろん楽しいですが、行くまでも楽しいですよね。今の時間も存分に楽しみたいと思います。

ゴールは目前。金食いお客様受験生。

中学三年生の娘。受験追い込みです。

毎日毎日塾の授業と自習室。

休日には同じ系列の塾の少し遠くの教室に受験生だけ集められ、入試直前特訓。

お金がいくらあってもたりません。

ママ友に聞いた事があるのですが、「成績順で一番上のクラスの子はその塾の生徒。それ以下のクラスはその塾の『お客様』。」

そうです。全くその通り!

ウチの子は残念ながら「お客様」。

更に計算してみると、小学六年生、そして中学三年間でかかった塾代が250万円程。

ザックリながら今、高校生の息子が中学生までの間で使った塾代と合わせて500万円!

これは…お客様ではなくて、もはや「カモ」だ。

これでは中学校までは公立校に通わせたけれど、結局私立に通わせたと同じようなもの。

ウチの子供達は決して賢くもなく、ギリギリ大学進学校?くらいが目標だ。

この辺りが一番塾代がかかる層「カモ層」だ。特待生制度も無縁で自学自習も苦手。

でも…少し手助けすれば成績が少しは伸びる。

何とも悩ましい状態。

このお客様層の子供達のために親は頑張って共働きし、遅い帰宅に合わせて夕食を作る。

なんだかおかしいよな、日本。

なんでこんなに教育費がかかるのかな?

習い事にも使ったなー。

あともう少し…来月まで塾代を振り込んだら、ゴール!

もう少し、もう少し頑張るよ、母は!

でも…それが終わったら…次は息子の大学受験が始まるんですねどね。

終わらないなー。

子供の習い事で幼児教室に通っています

今日は子供の習い事の日でした。うちの子は幼児教室に通っていて生徒は5名で先生が2名ついています。幼児教室と言ってもお受験目的ではなく単に子供を自分で遊ばせるのが疲れるし、限界を感じるから入れています。今は働いているお母さんが多いので昼間はほとんど近所で同じ位の年齢の子供を見かけることはありません。

保育園の子供達が散歩をしているのを見るとうちの子も保育園に入れたいと、もがいた時期もありますが、待機児童も多いのでわが子は幼児教室で我慢です。教室の子供達とは1歳から一緒に学んでいる事もあり、子供達は仲良しで楽しそうに遊んでいます。今日は積木と粘土と歌と踊りの盛りだくさんな内容でした。積み木をしながら同じ女の子同士が手をつないで小さいながら女子会が開かれていました。

小さくても女の子と男の子の行動は違っていて、男の子は走り回ったりプラレールで遊んだり動くものが好きな傾向がありました。女の子はおままごとが大好きなのでお店屋さんごっこをしたりママのまねをして買い物ごっこをしています。幼児教室に入れてよかったと思うのが返事がとても良く出来る事です。名前を言われても大きな声で返事が出来ますし、ありがとうも言えるようになりました。

先生という存在と接する事で自分を認めてくれる存在が家族のほかにもいる事にも気が付いているようです。これからますます成長する子供の為にも何かしてあげたいなとおもいます。